• 長崎・諫早市にある精神科・心療内科・内科の城谷病院 | うつ病治療、ストレス関連疾患治療、認知症治療、器質性神経疾患治療、DVの相談、更年期障害の相談等。

ご挨拶

ご挨拶

挨拶

医療法人緑光会 城谷病院:院長 城谷麻衣子 挨拶

はじめまして、院長の城谷 麻衣子と申します。

当院は、祖父、城谷勝光が昭和41年9月1日に開業し、父である城谷光一が平成10年に法人化を行い、以降、精神科病院として微力ながら地域の精神科医療貢献に努めてまいりました。父の後はお二人の先生がたに院長をお勤めいただきました。私は平成21年、長崎大学医学部を卒業後しばらく消化器内科医として仕事をしておりましたが、平成26年より長崎の道ノ尾病院にて精神科の指導医のもと精神科での臨床研修を重ねて参りました。そして、平成30年6月から当院にて仕事を始めることとなりました。

当院は、東大川のほとり、諫早ニュータウンのそばに位置した、緑に囲まれた静かなところに立地し、穏やかで療養に適した環境となっております。入院病棟は全78床と精神科の病院としては小さめのつくりです。病棟の建物は平成13年に改築されましたが、父の代から勤務しているスタッフもいて、和気あいあいとして暖かな雰囲気の中で治療・看護がおこなわれています。最近では、当院でも認知症の症状による入院や高齢のかたの入院が増える傾向にあります。症状の改善はもちろんのこと、患者様それぞれの身体面や生活、人生を考慮した治療方針を検討するように心がけています。

また、症状が改善した場合、本人とご家族の希望を聞きながら、看護師、作業療法士、精神保健福祉士とともに退院に関する支援を行なっています。地域での生活のお手伝いの一環として、当法人では、平成20年にデイサービス及び居宅介護支援事業所「しあわせ」、平成28年に有料老人ホーム「ひだまり」を開設しました。引き続きこれからの社会、医療制度の移り変わりに即しながら改善を重ね、地域のニーズに合ったサービスが提供できるよう邁進していきたいと考えております。

外来診察では、統合失調症やうつ病などの感情障害、神経症、認知症など幅広い患者様の診療を行なっております。今現在、当院に心理士はおりませんが、丁寧な診療により薬物療法のみに頼らない治療を心がけるとともに、看護師、薬剤師、外来担当の精神保健福祉士と協力のもと、患者様それぞれに必要な医療や支援を提供させていただきたいという思いで、日々奮闘しています。同時に、患者様が地域で生きがいをもって暮らすためには、病院だけではなく地域の様々な職種の方々との連携が欠かせないということも実感しております。

私自身、院長と呼ばれるには医師としても人間としてもまだまだ未熟であり、自分には役不足に思えることもありますが、現在も日々研鑽を重ねている真っ最中であり、何より患者様から、人の心の様々なことを教えていただく毎日です。

これからも患者様のことを第一に考え、職員とともに力を合わせ、新院長として微力ながら尽力していきたいと思います。今後ともよろしくおねがいいたします。

令和1年10月28日 城谷 麻衣子